Topics
05月
21
2018
  ライフハック

【評判】外出時に重宝!軽くて便利なKYOKAの15000mAhモバイルバッテリー後編

前編の記事ではKYOKAのモバイルバッテリーを選ぶまでの背景について書きました!
今回は前編を踏まえた上で、選定時に考えたことをじっくり書くと共に、
実際に使ってみた感想も紹介しようと思います!
もしまだ前編を読んでない方は是非前編も読んだ上で
今回の記事を読んでいただくと理解がスムーズかと!

モバイルバッテリー選びのポイントは大きさと重さ!


今回紹介するKYOKAというメーカーのモバイルバッテリーですが、容量が15000mAhです。iPhoneを大体6回はフル充電できる感じですね。ちなみに最近は充電容量が20000mAh以上のものも少なくないです。

ここで突然ですが、皆さんモバイルバッテリーってどうやって選んでますか?僕は容量・値段・大きさ・重さの4点で選んでいまして、昨今は容量&値段はどのメーカーでも同様にハイスペック・ローコストになってきているので、あとは一体何を以って選ぶかになってくるわけですが、それが僕の場合は大きさ(つまりサイズ)と重さなワケです。何故この2つにこだわるか?


まず大きさ。実は20000mAhのモバイルバッテリーってそこそこ大きいんですよ。長さがB5サイズに匹敵するか、もしくは超えるかも?そうなると、バッグによっては入りきらない(あるいは嵩張る)可能性があってヤダなと。


次が重さ。充電容量が多いと想像着くかもですが、実はバッテリーが重くなるんですよ。リュックであればそこまで気にしなくて良いですが、僕のように肩にかけるバッグでモバイルバッテリーを持ち運ぶ場合は長時間バッグを肩にかけてると肩が凝り固まってしまって。


この2点を鑑みてAmazonで比較・検討し、最後にデザイン性で「これにしよう!」と思って購入したのがKYOKAの15000mAhモバイルバッテリーだったわけです。値段は僕が買った時で2480円、容量は個人的に15000mAhもあれば十分。


大きさが大体13cmで、厚みは2cmあるか無いかでなかなか薄い感じ。これならどんなバッグにも入ります。重さはiPhone6が131gに対し、KYOKAのバッテリーは264g。iPhoneの2倍くらいなら重さ的にも許容範囲。1日中外で持ち運ぶことを考えても軽いことは大事。

デザイン性は、カラーがローズゴールドという色なんですが、女性が特に好きな気はしますが僕も何故かこれが良いと思って買いました。他のモバイルバッテリーって結構ゴツいのが多かったような。。だからかな?

実際にKYOKAのモバイルバッテリーを使ってみて


実際使ってみて非常に重宝してます。さすがに15000mAhもあると外出時の心持ちが安心します。1度バッテリーをフル充電しておけば2~3日は充電せずともいける。

あと自宅でスマホやiPadを充電する際に、なぜかコンセントから充電せずにこのモバイルバッテリーで充電することが増えました。どういうことかと言うと、家の中ってコンセントからUSB変換で充電するとそれでコンセントが1つ使用されてしまうので地味に嫌なんですよね。しかも家の中のあちこちで充電したくなる。

そういう時に大容量モバイルバッテリーがあると実は結構重宝するんだなと、使ってみて初めて気付きました。これは新たな発見。

ちなみにですが、20000mAhのモバイルバッテリーは普段車やリュックを背負って移動することが多い人には向いているのかなと感じています。サイズや重さを気にする必要が無くなりますからね。


という訳で、KYOKAの15000mAhモバイルバッテリーについてつらつらとレビューを書いてみました。昨今のECサイトっていろんな商品を売っているしレビューも見れるし大変便利なんですが、利用シーン毎に応じた商品の勧め方がないのが残念なんですよね。。(Amazonや楽天に限らず)

商品選定はしっかりリサーチ・比較するとそれなりに時間を要するので、この記事が皆さんのモバイルバッテリー選定時間の短縮になれれば幸いです。
サイト内検索
運営者紹介
カテゴリー
タグクラウド