Topics
06月
04
2018
  キャリア

「いつ昇給されるの?」あなたが昇給できない原因4選+対策 後編

「はぁ〜、今月もカツカツだなぁ。。昇給しないかなー。」
「一応定期的に上司と個人面談しているけど、自分の努力って上司からどのように評価されているんだろ?」
「自分、周囲の同僚と比べて頑張っている筈なんだけど、どうも上司から昇給のオファーが来ない。」
「ってか、自分よりも頑張っていない同僚のほうが先に昇給したと聞いたし。」
「何故?俺もちゃんと評価してもらって昇給したい!」

こんな方に向けて記事書きます。原因になる可能性は大きく4つあるんだけど、
長くなるので前編と後編に分けました。今回は後編ということで、
引き続き2つ取り上げていきます。

3.上層部が現場に求める結果に上司がコミットできていない

会社によって組織構造が違うとは思うが、大抵はピラミッド型の組織構造だと思うので、その前提で書く。上層部は数年先まで見据えて事業計画を練る。その過程で「いつまでに○○を実現する!」という目標を作り、その目標を中間管理職(=上司)に伝え、上司からさらに現場に伝えて実際に達成できれば会社全体が成長する。会社が成長すれば、成長させてくれた現場に対して利益を還元していく。

これが一般的な昇給への反映になるわけだが、上層部から提示された目標に対して上司が真剣に考えていなかったり、あるいは間違った解釈で取り組んでいたりすれば、当然ながらいくら現場が努力しても会社が成長しないし、上層部からも評価されない。当然、現場の給料もアップしなくなる可能性が高い(年功序列のような例外を除く)。

至極当然の流れではあるが、上述のように上司がボトルネックになっているケースって、実際には意外とあると思う。何らかの理由で上層部に反感を持っているとか、「おれのほうが上層部よりもできる!」と考えているとか。

現場に求めている結果に上司がコミットできていない場合の【改善策】

改善策としては、もし上司が上層部に反感を持っていて且つ現場でも同様に感じるのであれば、上司から上層部へ伝えてもらうのが筋。あとは上層部と上司とで擦り合わせできれば良いだけなので。

もし上司がボトルネックになっている場合、現場が目標をしっかり把握できていて且つ上司がボトルネックだという認識があれば、上司に掛け合わずに上層部へ直接事情を説明するのが良いと思う。

社内コミュニケーション力が問われる話になるが、ほぼ確実に転職しなければならないレベルの話ではないので、お互いをしっかり尊重し合って意見を出し合えれば解決できる課題だと思う。

あと、「お互いをしっかり尊重し合って意見を出し合う」というのもこれまた非常に大切な能力。反感を持ちながらコミュニケーションをしたところで生産的なことは何も生まれないし、何よりお互いが疲弊する。意外とこれができない人がいると思うけれど、できると人生レベルで好転すると言っても過言じゃないと思う。それくらい重要な力なので、是非身につけていただけると良いかなと。詳しくはマインドフルネスとか瞑想を調べてもらえればと。

4.昇給ルールがしっかりしていない

いわゆる人事評価制度がしっかりしていないケース。以下、少し目線を経営側に上げて書いていく。

"労働分配率"という言葉がある。企業が獲得した利益は経費を差し引いた後、人件費、固定費、事業投資、税金支払い、貯蓄等に割り当てられていくが、ざっくり言うと利益から経費を差し引いた分に対して人件費に割り当てる%のことを労働分配率という。

労働分配率を企業としてのKPIにしている会社は多いと思う。%が高ければ高いだけ労働者が得られる賃金が増えるが、当然事業投資へ割り当てられる額は減る。これを何%にするかは会社毎の事業利益率やスタンスによって決まるわけだが、要は会社の将来まで見越した適切な労働分配率が設定されていて、それに基づいて人事評価制度が構築されているかどうかがポイントだと思っている。

それができていれば、人事評価制度は誰から見てもほぼ納得のいく仕組みになっていて、何を頑張れば昇給していくかが明確なわけだからモチベーションも自然と上がる。逆に言えば、会社の経営とリンクしていない人事評価制度は昇給ルールも含めて釈然としないケースが多々あるということ。経営メンバーや管理部門の力の問われる所である。

昇給ルールがしっかりしていない場合の【改善策】

改善策としては、まずは人事に掛け合うのが良いのではないだろうか。人事評価制度は経営側と人事だけでなく、経営企画や財務周りの人間も交えて練ることもあると思うが、ひとまず人事を窓口にして良いと思う。で、評価制度そのもののフィードバックを現場から回収する仕組みを作ってもらうのがベストかと。

社内全員が100%満足する人事評価制度を作るのは極めて難しいが、ブラッシュアップを積み重ねて99%まで高めることは可能だと思うので、どんどんブラッシュアップしてもらえれば非常に良い会社なんじゃないかと。

総括

以上、昇給できない原因に関して書いてきた。いろいろあると思うが、正社員やアルバイトの雇用形態に関わらず雇われの身として生きるのであれば、自分の人生の主導権を会社に握らせるのではなく、自分でしっかり握って進むほうが後々後悔しない筈だし、面白いかと。転職というのは、雇われる立場の人間が雇う側の会社に対して行使できるカードの1つなので有効に使っていこう。

現状の会社勤めがどうしても辛いのであれば、思い切って退職して暫くニートで生活しても良い。ニートの期間があったからと言ってマイナスで見る会社は無い筈。実際僕も採用面接でこうしたパターンの人を何人も見たが、特にマイナスに感じたことは無かった。

あとは、退職したのちに独立して人を雇う側になったって良いと思う。フリーランスで活動するのも良いし、起業しても良い。長いようで短い人生だと思うので、いつだって能動的に生きていきたい。

>> 前編はこちら
サイト内検索
運営者紹介
カテゴリー
タグクラウド